ABA療育・放課後預かり・外出支援

elche

エルチェの考え方

ご家庭でできること

(竹島浩司 株式会社エルチェ最高臨床責任者 心理学博士 認定行動分析士 BCBA-D)

「発達に遅れがある」、「発達障がいの疑い」、こういった言葉を聞いて、大きなショックを受けられた保護者がほとんどでしょう。先の不安とともに、何をしたら良いのか、途方にくれた方も多いでしょう。保護者の気持ちは保護者にしかわからないかもしれませんし、専門家が代わってあげられることでもありません。ただ発達の遅れがある場合、出来るだけ早い段階で働きかけを始めることがベストであると研究者の意見が一致しています。「発達に遅れがある」ということを言い換えると、新しいことを学ぶことがゆっくりであるということです。どう教えれば、出来るだけたくさんのことを学べるのか? 単純な正解があるわけではないのですが、まずは子どもに合った学び方・教え方を見つけるために、一歩踏み出すことが急務になるのです。

発達に遅れがある子どもに関して、すでに世界中の研究者が、知識を積み上げています。まずは遅れのある子どもの特性についての研究です。どんな癖があるのか? どんなことならことを学びにくいのか? そして、どんな問題になりやすいのか? 特徴的な行動をまとめて、そう行った特徴を持つ人が世の中にどれくらい存在するのか、「診断と統計のマニュアル」という体系にして発表されています。また特徴だけでなく、様々な教え方を実験的に試し、その効果の有無を発表し、その知識も積み上がってきています。エルチェは、子どもの支援にABAという学問体系を選択していますが、それはエビデンス(過去の研究による証明)が一番確固としたものだからです。

専門家から最初に伝えられたことが「(本当に診断名がつくのか)様子を見ましょう」だった人もおられると思います。「もしかしたら見誤りかも」と言う気持ちはわかりますが、この意見には賛成ができません。実は、教える側からすれば、診断名の有無にとらわれる必要はありません。「障がい」とか「療育」と言った名前だけで内容が決まるのではなく、結局どんな障がいであっても、その生徒の特徴に合わせてプログラムを作っていく必要があるからです。「それぞれの子に良いこと」であれば、「療育」などの言葉にとらわれず、すぐにでも始めたら良いのです。その時の調子やその子の特性に柔軟に合わせてくれる、教えながら子どもに合う教え方を模索していく、そんなプログラムを選べると良いでしょう。エルチェの選択するABAは、必ずしも一定の技法や教え方に偏ったものではありません。「行動を変えることで問題を解決する」という考え方は一定なのですが、一人一人の行動の特徴や理由を分析して対応を変えたり、その時の指示内容や褒め方のタイミングを柔軟に変えたりするところが、必要な条件だと考えるからです。

ABAを端的にまとめると、「できないこと」を、より細かく丁寧に教えることで「できること」に変えていき、1つ1つの適切な行動を積み上げるやり方です。実は、非常に手間と時間がかかる教え方の1つなのです。例えば偏食の生徒に食べさせるには、見えないくらい小さなお野菜の端きれを食べさせるところから始め、徐々により大きなサイズのお野菜に増やしていく方法をとるかもしれません。この方法では、保護者が望む「お野菜をしっかりと食べる」ところに至るまで、もしかしたら、半年、いや1年以上かかるかもしれません。これと比較して「無理をさせては行けません。自分で食べられるようになるまで待ちましょう。」というやり方もあります。条件によってどちらが正しいとは必ずしも言えませんが、ABAのやり方の「できたよ、の積み重ね」「(ほんのちょっとでも)成功できる喜び」「前に進んでいる充実感」というのは、他に代え難いです。

ABAの教え方は、誰にでもできるものです。例えば良い行動をしっかりと褒めて伸ばすなど、当たり前のことも含みまし、行動は毎日のように知らないうちに誰もが変えたり変えられたりして生活しているのです。ご家庭の保護者でも、学校の先生でも、ABAなど知らなくても「ABA的にセンスの良い」方はいくらでも存在します。ただ行動変容の結果は、必ずしもその場で確認できないことも分かっています。行動の変化は、その場ではなく時間が経って起こることが多いのです。ABAの専門家はデータを取ることで、その場で確認できない行動の変化を数値で確認しながら進みます。「発達の遅れ」がある場合、他の子どもが3分で学ぶことを、もしかすると3ヶ月かけて丁寧に教える必要があるかもしれません。難しい行動や大きな行動の変容を期待するには、やはり専門家のガイダンスが圧倒的に有利になるのです。

行動の変化と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、オリンピック選手からビジネス行動まで、実は幅広い行動にABAは応用されている学問分野です。お子様に限らずご自身の行動も含めて、まずは望ましい行動を褒めて増やすことから、できないことはスモールステップにして教えることから、始めませんか? エルチェでは、ABAを指針・主軸にして、障がいの有無などにとらわれない、それぞれの個性やその時の条件に合わせた、地道でも着実に効果のある、教育・子育てをお手伝いしたいのです。

(竹島浩司 株式会社エルチェ最高臨床責任者 心理学博士 認定行動分析士 BCBA-D)