児童発達支援 レンテとは

レンテの特徴

img_aba_01

ABAにもとづいた療育を行います。また公的制度を用いているため、
ABAセラピーを行っている事業所としては非常に低廉な料金でセラピーを提供することが可能です。

内容については質の維持・向上に常に大きな力を注いでいます。

米国または日本国内で応用行動分析を研究している博士や教授から直接ABAを学び実践経験を積んだスーパーバイザーがおります。スーパーバイザーはプログラムの構成・セラピストの指導等を行っております。

更にBCBA-D(米国公認の行動分析士博士)によるコンサルテーションもひと月に1回程度受けています。

レンテ 名称の由来

img_aba_04

レンテはラテン語で『ゆっくり』という意味です。
ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスの座右の銘とも言われている格言、『Festina lente(フェスティーナ・レンテ)』からとりました。
直訳すると『ゆっくり急げ』、意訳すれば、「良い結果により早く到るためにはゆっくり行くのがよい」と言う意味になります。
アウグストゥスはこの言葉を胸にその後『パックス・ロマーナ(人類史上もっとも幸福な時代)』という言葉で表現されるような、空前の大帝国の礎を作りました。

私達はゆっくりと成長する、発達が気になるお子様の、着実な成長に貢献することを使命として、
この名前に恥じない効果を目指し、療育技能の向上に努めます。

設立理由

img_aba_03

発達障がいに効果が高いと言われるABA(応用行動分析)に基づいた療育は、非常に高価で利用したくてもできない状態が続いています。

当事業所では公的福祉制度を利用することで、ご利用者様の金銭的負担を減らすことができます。

レンテが目指すこと

img_aba_02

お子様それぞれに合わせて、可能な限り、出来ることを増やしていきます。

特にご自宅や外出先、園等で必要になることを練習をします。

レンテで教えることは、他の場所でも使えることです。

ここでしか使わないこと、ご家族やお友達とはやらないようなことは練習しません。

でもまずは、レンテに来ることが楽しくなっていただければと思います。

(おもちゃや雑貨がたくさんあります!)

レンテのサービスの詳細についてはこちらをご覧ください。

児童発達支援 レンテ 施設一覧

レンテ鶴見外観

鶴見事業所(レンテ鶴見)

JR鶴見駅 東口より徒歩5分。

家庭的な個室とスペースで、療育を行っています。

レンテ川崎外観

川崎事業所(レンテ川崎)

JR川崎駅 東口より徒歩10分。

個室とグループルーム、広いスペースで、療育を行っています。

レンテ市川外観

市川事業所(レンテ市川)

京成電鉄 菅野駅より徒歩4分。

1階にはお店のようなカウンターがあります。個室も広くて開放的です。

img_bnr_lente

smp_bnr_len