ABA療育・放課後預かり・外出支援

elche

放課後等デイサービス
【児童デイサービス コンブリオ (第一事業所)
/ コンブリオ第三事業所】

小学校1年生から高校3年生

放課後や休みの日にお友達とゲームやおしゃべりを楽しんだり、学校で勉強を頑張った分だけ一人でリラックスしたり……
自分が楽しいと思う事をして自分らしく過ごす事は1日の中でとても大切な時間ではないでしょうか。
ですが、障がいを持つお子様は家庭以外の場所でご家族以外の人と余暇を過ごすケースが限られている場合が多くみられます。

コンブリオでは、ご家庭以外でも安心出来る場所として、好きな事を選択し、自分らしさを発揮しながら過ごす時間を大切にしています。
やりたいことを選び好きなことを増やしていくことは、主体的に人生を歩んでいく経験になります。
一見、ただ遊んでいるだけのように感じられるかもしれませんが、それだけ自由で自然な空間が学びの為に大切なことだと私たちは考えています。

支援を担うのは福祉・保育・心理等の専門的な知識を持った職員です。
お子様一人ひとりが自分らしく成長できるためには今何が必要かをチームで日々検討し、時には友達として、また時には指導員として、必要であれば黒子に徹し、お子様の苦手を克服しつつ得意を伸ばせるよう支援をしています。

コンブリオ第一事業所
/ 第三事業所の方針

基本的な生活習慣の獲得を目指します。

  • 挨拶
  • 日常生活動作(食事、排泄、清潔、着脱衣、身支度の自立を目指します)
  • 社会のルール(他者との関わり方、買い物等の外出時に必要なことを習得します)
  • 自由遊び、自立課題、集団遊び(遊びを通じて運動機能・知的能力・情緒などの発達を促します)

専門的な知識を持った職員がチームで支援の方向性を決め、個別支援計画を立てます。

ご利用者の声

コンブリオでは、小学5年生から高校3年生まで、8年間本当にお世話になりました。

みんなとのコミュニケーションを取ったり、8月のプログラムで、色んな所も行けること、本当に充実した日々を過ごすことが出来て、とても感謝しています。

また、お友達と仲良くできるようになり本当に楽しかったようです。昔はお友達と関わる事もあまりできなかったのですが、今はみんなと仲良く出来たことが息子にとってとても良かったです。

あとは、コンブリオ新聞を作らせてもらった事も本当に充実していました。

移動支援もたくさん、色んな所に連れて行ってくださり、心から感謝しています。

サービス利用の流れ

1. 利用相談 (コンブリオ)

利用方法や利用者の状態等についてお話を伺います。

2. 見学・面談 (コンブリオ)

事業所内を見学していただき、当事業所サービスの詳細説明や、利用希望日・利用可能日数等の調整を行います。

3. 支給申請 (行政)

市役所にて申請を行います。

4. 支給決定・受給者証交付 (行政)

支給決定には聞き取り等調査があります。また療育手帳がない場合には、医師の意見書等が必要となる場合もあります。

5. 契約 (コンブリオ)

当事業所と契約の手続きを行います。受給者証・印鑑が必要になります。

6. サービスの利用開始